アグリ・フードビジネスコース応用編が行われました。

  • 7月14日(月) フードバレーとかち人材育成事業「アグリ・フードビジネスコース(応用編)」の開講式が行われました。

受講生9名と小田理事・副学長
 

 アグリ・フードビジネスコース応用編の開講式が、帯広畜産大学地域連携推進センターロビーにて行われました。開講式では、本学の理事・副学長から挨拶がありました。


  • 7月22日(火) フードバレーとかち人材育成事業「アグリ・フードビジネスコース(応用編)」
    ランチ交流会が行われました。

お弁当を囲む受講生と教職員

 地域連携推進センター1階会議室にて、ランチ交流会を企画しました。


  • 講義風景

経営戦略

ビジネスプラン実習

プロジェクトマネジメント

ビジネスプラン実習


  • 8月7日(木) フードバレーとかち人材育成事業
    「アグリ・フードビジネスコース(入門編・応用編)」の修了式が行われました。

受講生9名と、前列左2番目から
仙北谷人材育成室長、米沢帯広市市長
長澤帯広畜産大学学長、小田理事・副学長

十勝しんむら牧場代表取締役 新村浩隆

フードバレーとかち人材育成事業「アグリ・フードビジネスコース」の修了式が、8月7日(木)帯広畜産大学原虫病研究センターPKホールにて行われました。平成24年度より、帯広市と共催で当人材育成事業を行っており、今年は5月27日より行われた入門編と併せて応用編の修了式を行いました。修了式では、長澤秀行学長と米沢則寿帯広市市長からの挨拶に続き受講生への修了証書授与が行われました。その後十勝しんむら牧場代表取締役である、新村浩隆氏による「次世代の繋ぐ農業のブランディング戦略」と題した特別講習が行われました。特別講習には一般の方も多数参加し、50名を超える人数が集まりました。経営改革への関心の高さが見受けられます。その後行われた情報交換会では修了生や講師、過年度修了生が参加し、意見交換を行うなど有意義な交流会となり終了しました。

 

《TOP》