シラバス

 

シラバス

 

アグリ・フードビジネスコース 入門編

《TOP》

1.十勝のフードシステム:
科目名 十勝のフードシステム
講師名 帯広畜産大学 教授 仙北谷 康
講義目標 フードシステムの視点の理解  十勝のフードシステムの特徴の理解
講義内容 1.フードシステムについて
2.わが国のフードシステムとその変化
3.十勝の経済とフードシステムの特徴
4.十勝型地産地消とその課題
2.十勝の農業:
科目名 十勝の農業 ~十勝地方における作物生産の特徴~
講師名 帯広畜産大学 教授 三浦秀穂
講義目標 十勝地方の農業、特に作物生産の特徴を学び、地域の優位性や弱点について 理解する。
講義内容 1. 野生植物から作物への進化
2. 世界の主要な作物の生産
3. 北海道、十勝の作物生産
3.十勝の畜産:
科目名 十勝の畜産 ~十勝地方における畜産と牛肉の美味しさについて~
講師名 帯広畜産大学 教授 日高智
講義目標 十勝の畜産業の特徴を把握し、地域の優位性や弱点について理解する。
牛肉の特性(肉質や脂質)や牛肉の美味しさについて理解する。
講義内容 1. 日本・北海道と十勝の畜産の現況
2. 肉用牛経営と牛肉生産動向
3. 日本の肉用牛「和牛」
4. 牛肉の特性(肉質)と美味しさの関連
5. 十勝産バイオマスの飼料利用
4.十勝の農産物加工:
科目名 十勝の農産物加工 ~十勝産小果樹の栽培と加工利用~
講師名 帯広畜産大学 准教授 小嶋道之
講義目標 十勝地方の農産物・加工品の特徴を学び、地域の優位性や弱点について理解する。
講義内容 十勝の作物・小果樹類等の加工について解説する。小豆、小果樹の特徴、加工利用、機能性についても講義する。
5.食品安全の最新情報:
科目名 食品安全の最新情報
講師名 帯広畜産大学 特任教授 渡辺信吾
講義目標 食品安全の取組みに関する最新情報を理解し、企業が果たすべき役割を考える。
講義内容 1. 食品安全マネジメントの最新情報
2. 食品の安全確保とは
3. 北海道HACCPの概要解説
最近の食品事故に関する事例をとおして食の安全を確保するために果たすべき企 業の役割を考える
6.ディスカッションリーダー:
科目名 ディスカッションリーダー ~時間内に結果を出すミーティングとは~
講師名 インサイトマネジメント株式会社 代表取締役 坪井真一
講義目標 「理想的な会議」の体験を通じて、効果的なミーティング、ファシリテーションとは何かを理解する。
講義内容 1. 従来のミーティングの課題とは
2. ファシリテーションとは
3. 会議運営に必要なファシリテーションの理論とテクニック
4. 演習 実際にグループに分かれ実践的なディスカッションを実施
7.百貨店バイヤーから見た北海道の食品:
科目名 百貨店バイヤーから見た北海道の食品
講師名 株式会社高島屋 食料品催バイヤー 新井将士
講義目標 全国の特徴ある食品やその特徴、背景などの紹介をとおして、北海道の食の魅力を発見し活用する。
講義内容 1. 北海道を外から見た視線で、その特徴、強み、弱みを考える。
2. 首都圏で注目されている、地域、食品、イメージとは!
3. 首都圏の消費者がイメージする北海道の食品。
4. 自社商品の特徴の見つけ方(良い例・悪い例)
5. 百貨店とは。歴史や業態中身・お客様特徴など。
6. 百貨店の売れ筋商品とは。
7. 百貨店バイヤーの目の付けどころは、ここだ!
8. これからの売り先は、国内だけでなく海外も。
8.デザイン:
科目名 デザイン ~デザインで地域をブランディングする~
講師名 株式会社ファームステッド
アートディレクター 阿部岳
プロデューサー 長岡淳一
講義目標 地域においてのデザインの重要性・役割を理解する
講義内容 商品をつくる、そこにプロデュースしデザインする作業はとても大事です。うけとる人はまずその部分を目にし、感じ取るからです。自分の生産品を売りたい農業生産者、製品をつくる加工生産者、お店を営む商業者、みんながデザインについて 理解を深め、実践していけるよう、地域においてのデザインが果たす役割、デザインの使い方をわかりやすくお話しします。
9.対人関係論:
科目名 対人関係論 ~心理学から考えるビジネスコミュニケーション~
講師名 帯広畜産大学 教授 渡邊芳之
講義目標 コミュニケーションを円滑にするための基本的な技術を学ぶとともに、リーダーとしての役割とコミュニケーションとの関係を考えることで、職場での人間関係を改善し、グループの生産性を向上させる方法について考える。
講義内容 1.コミュニケーションの技術
コミュニケーションとは/上手に聞く技術/
会話の始め方、続け方、終わり方
2.リーダーシップとコミュニケーション
リーダーの役割/上手なほめ方と叱り方
3.質疑応答(職場のコミュニケーションで悩みなどあれば)
10.フードバレーとかちの取組み:
科目名 フードバレーとかちの取組み ~食と農林漁業を柱とした地域産業の振興~
講師名 帯広市産業連携室 主幹 吉田誠
講義目標 フードバレーとかちの政策を理解し関連産業の目指す姿を共有する。
講義内容 1.フードバレーとかちのコンセプト
2.十勝が活かすべき優位性
3.これまでの取組み経過
4.フードバレーとかちが目指すもの

 

アグリ・フードビジネスコース 応用編

《TOP》

1.アントレプレナーシップ:
科目名 アントレプレナーシップ ~企業家精神とリーダーの役割~
講師名 小樽商科大学 教授 瀬戸篤
講義目標 経済発展、イノベーションを生み出す企業家の役割について事例をもとに学び、アントレプレナーシップ(企業家精神)あふれるリーダーシップの重要性を理解する。
講義内容 1.企業家精神の誕生
2.企業家精神が偉大な企業を創造する
3.企業家精神が会社を救う
4.企業家精神の条件  
2.経営戦略:
科目名 経営戦略 ~競争優位の獲得に向けた事業戦略分析~
講師名 小樽商科大学 教授 玉井健一
講義目標 経営戦略の策定は、企業競争力を発揮するために経営者が考えなければならない重要な仕事である。本講義では「事業戦略」に焦点をおいて、市場競争に影響する環境要因と経営資源の分析方法、および競争力を獲得するための具体的な事業戦略のタイプを理解する基本ツールを学ぶ。なお、講義で学んだツールを使い特定企業のケース分析を行う。
講義内容 1.事業戦略の位置づけ
2.環境要因分析
  マクロ環境分析、競争の5要因分析
3.競争戦略の内容
  コストリーダーシップ、差別化、集中戦略
4.経営資源の分析
  バリューチェーン分析、VRIO分析
5.事業戦略のケース分析
  グループ・ディスカッション、分析結果のプレゼンテーション
3.マーケティング:
科目名 マーケティング ~価値創造の市場戦略~
講師名 小樽商科大学 教授 近藤公彦
講義目標 マーケティングの役割と課題、マーケティング戦略策定のプロセスおよび4つの基本戦略(製品戦略、価格戦略、プロモーション戦略および流通チャネル戦略)を中心に、市場戦略としてのマーケティング理論を習得する。
講義内容 1.マーケティングの役割と課題
  マーケティングの発想、マーケティングとは何か、マーケティングの課題
2.マーケティング戦略策定のプロセス
  SWOT分析、ターゲティングとポジショニング
3.マーケティングの基本戦略
  製品戦略、価格戦略、プロモーション戦略、流通チャネル戦略
4.受講者の事例報告と全体ディスカッション
4.マーケティングリサーチ:
科目名 マーケティングリサーチ ~市場調査に基づく商品企画の考え方~
講師名 帯広畜産大学 教授 仙北谷康
講義目標 ターゲットとして想定される消費者に対するアンケートデータを用いて、マーケティングにおける意思決定のための判断材料となる資料が作成できるようになること。
講義内容 1)マーケティングリサーチの基本的枠組みの理解
2)グループインタビューによる要因抽出
3)アンケート調査の実際
4)アンケートデータの解析
5.マーケットインの商品開発:
科目名 マーケットインの商品開発 ~エバラ食品の事例をとおして~
講師名 エバラ食品工業株式会社 研究本部テクニカルセンター マネージャー 岩田一敏
講義目標 エバラ食品における商品開発事例を通してその手法を紹介するとともに、安心安全な商品設計のポイントを解説し最適な商品開発の在り方を考える。
講義内容 1. エバラ食品における商品開発の考え方
  プロダクトアウトとマーケットイン
  C/Pバランス理論、他
2.エバラ食品における商品開発事例(予定:「プチッと鍋」を事例に)
  市場探索・調査~商品企画~プロダクト開発~商品化~ までのスケジュールと開発ステップ
  について解説
3. 安心安全な商品設計
  新商品開発フローと品質設計のポイント
  “EQAS”による安全性検証プロセス
  賞味期間設定の考え方
6.プロジェクトマネジメント:
科目名 プロジェクトマネジメント ~効率的な企業間連携のために~
講師名 インサイトマネジメント株式会社 代表取締役 坪井真一
講義目標 本講義を通じて、複数の当事者間で設定した目標に対して、ヒト、モノ、お金、スケジュールを効果的に調整し成功に導くための管理手法の概念を理解する。
講義内容 1.プロジェクトマネジメントの概要
  プロジェクトマネジメントの重要性、プロジェクトプランニング
  プロジェクトスケジューリング、プロジェクトコントロール
2.プロジェクトマネジメント手法
  プロジェクトマネジメントで使用するツールを提示し、その使用法を解説する。
3.研修生によるプロジェクトマネジメント演習
7.中小企業の支援制度について:
科目名 中小企業の支援制度について
講師名 (独)中小企業基盤整備機構  北海道本部 連携支援課 課長代理 岩本直
(公財)北海道中小企業総合支援センター 十勝支部 十勝支部長 紅葉昭彦
講義目標 各支援機関の中小企業支援制度を理解し、制度を活用した事業展開を目指す。
講義内容 1.ものづくりの支援
2.販路開拓支援等
3.各機関からの制度説明
4.事例紹介
8.ビジネスプラン実習:
科目名 ビジネスプラン実習 ~想いをかたちにする~
講師名 インサイトマネジメント株式会社 代表取締役 坪井真一
講義目標 本講座で学んだ経営管理手法(事業戦略、マーケティング、財務、会計等)を統合し、有効なビジネスモデルを構築した上で事業計画が作成でき、評価、修正ができるようになる。
講義内容 1.ビジネスプランの意義・構成
   目的にあったプラン作成
2.ビジョンの構築
   目指す方向を明確にする
3.事業戦略
   強みに合った事業戦略の策定
4.事業シミュレーション
   事業の採算性を事前に評価する

 

食品安全管理コース食品衛生講習 入門編

《TOP》

【講 師】

・十勝総合振興局 保健環境部 保健行政室生活衛生課(帯広保健所)技術主幹 通山 志保 氏
保健所(富良野・帯広・稚内・釧路)等勤務。平成22年~平成25年北海道HACCPの普及促進を担当。
平成26年より帯広保健所勤務

・帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
乳業会社の製造部門、品質管理部門で勤務し、品質管理・食品安全業務の指導などに従事。
食品安全マネジメントシステム審査員補、HACCPリードインストラクター資格保有。
平成26年4月より、帯広畜産大学特任教授

・公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団) クラスター事業部
研究員 伊東 博美 氏
食品表示、HACCP、食品流通に詳しく、食品加工企業へのアドバイス等に従事。
技術士 農業部門(農芸化学)

・株式会社 キュー・アンド・シー 認証・監査部 部長 松原 伸二 氏
北海道食品安全協議会 委員


科目名 北海道HACCPの取り組み①、②
講師名 十勝総合振興局 保健環境部 保健行政室生活衛生課(帯広保健所)
技術主幹 通山 志保 氏
講義内容 北海道HACCPの概要説明
①北海道HACCPを活用した、食品安全の取り組み
②北海道HACCP評価調書の記入方法
 評価調書の各項目について解説した後、実際に調書の記入をとおして理解を深めます
科目名 北海道HACCPとCodexHACCPの違い
講師名 帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
講義内容 流通業界を中心に、食品安全マネジメントシステムの国際的な取り組みが急速に進んでいます。そこで、北海道HACCPとCodexHACCPの違いについて説明し、北海道HACCP取得後に国際基準の食品安全マネジメントシステムに進む際の注意点等について理解を深めます。
科目名 食品表示の基礎知識
講師名 公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)
クラスター事業部 伊東 博美 氏
講義内容 食品表示について、法的規制からの必要性だけでなく、商品の表示の作り方、表示の見せ方について紹介します。さらに、賞味期限、消費期限に関して、期限設定の考え方等について解説します。
 多くの表示事例の説明を通して、正しい表示について学びます。
科目名 北海道HACCPの外部機関調査と審査会の手順
講師名 株式会社キュー・アンド・シー 認証・監査部 部長 松原 伸二 氏
講義内容 北海道HACCPの外部評価の手順、評価の着眼点、審査会の報告などについて解説し、北海道HACCPの申請から取得までの流れを把握します。

 

食品安全管理コース食品衛生講習 応用編

《TOP》

【講 師】

・帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
乳業会社の製造部門、品質管理部門で勤務し、品質管理・食品安全業務の指導などに従事。
食品安全マネジメントシステム審査員補、HACCPリードインストラクター資格保有。
平成26年4月より、帯広畜産大学特任教授。

・オシキリ食品株式会社 取締役 営業部長 遠藤 一彦 氏
・オシキリ食品株式会社 品質管理部 西澤 克浩 氏
北海道HACCPの導入や食品安全マネジメントの構築に従事。

・オシキリ食品株式会社 取締役 工場長 菅原 康之 氏
工場全般の労働安全マネジメントの構築に従事。

・帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター 技術職員 村上 文朗
北海道HACCP、FSSC22000の認証取得に向けた取り組みに従事。
「畜大牛乳」、「畜大牛乳アイスクリーム」製造担当。

・ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド(LRQA)
ビジネスデベロップメントグループ 竹信 誠司 氏
主に食品産業へのマネジメントシステム認証、第二者監査の営業を担当。
FSSC22000の日本で最初の審査案件を担当。


科目名 HACCPの構築①
講師名 帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
講義内容 1.入門編のまとめ(前提条件プログラム)
2.危害要因分析の準備:原材料の安全性、最終製品の特性・意図した用途
3.フローダイヤグラム
4.施設の図面等の管理と作成方法
科目名 HACCPの構築②
講師名 帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
講義内容 1.「HACCPの構築①」の復習
2.危害の評価
3.HACCPプラン及びオペレーション前提条件プログラムの決定方法
科目名 HACCPの構築③
講師名 帯広畜産大学 特任教授 渡辺 信吾
講義内容 1.「HACCPの構築②」の復習
2.講習全般に対するフォローアップ
3.内部監査の実施要領
4.緊急時の対応手順の解説
科目名 事例研修①
*1泊2日の研修になります
講師名 オシキリ食品株式会社 取締役 営業部長 遠藤 一彦 氏
オシキリ食品株式会社 品質管理部 西澤 克浩 氏
オシキリ食品株式会社 取締役 工場長 菅原 康之 氏
講義内容 1.オシキリ食品株式会社の北海道HACCPに関する取組を通して、食品安全マネジメントの構築について学ぶ
2.豆腐製造、納豆製造のHACCP構築を学ぶ
科目名 事例研修②
講師名 帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター 技術職員 村上 文朗
講義内容 1. 帯広畜産大学乳製品工場の北海道HACCP認証取得からFSSC22000認証取得に至る取組から、食品安全マネジメントの構築について学ぶ
2.牛乳製造とアイスクリーム製造のHACCP構築を学ぶ
科目名 食品安全マネジメントの課題
講師名 ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド(LRQA)
ビジネスデベロップメントグループ 竹信 誠司 氏
講義内容 1.小規模工場におけるトップマネジメント(PDCAをどう回すか!)
2.小規模工場における従業員教育
3.フードディフェンス
4.食品安全マネジメントの未来予想

 

食品安全管理コース食品有害微生物講習

《TOP》

① 食品有害微生物講習 初級(昨年度実施内容です。本年度は実施致しません。)
科目名 食品有害微生物講習 初級
講師名 帯広畜産大学 倉園久生教授、川本恵子教授、廣井豊子准教授、
山崎栄樹助教、奥村香世助教、楠本晃子助教
講義目標 食品関係業務従事者が知っておくべき食品衛生の基礎知識について講義及び実習を通じて学び、食品有害微生物検査士(初級)の資格取得を目指す。
講義内容 ・食品衛生検査の目的と意義
・微生物取り扱い上の留意点
・手洗いの手法
・緩衝液、培地の調整
・食品衛生検査
   一般生菌数
   大腸菌群および大腸菌の検査法
   細菌の培養、測定、結果の判定
・認定試験  
② 食品有害微生物講習 中級
科目名 食品有害微生物講習 中級
講師名 帯広畜産大学 倉園久生教授、川本恵子教授、廣井豊子准教授、
山崎栄樹助教、奥村香世助教、楠本晃子助教
講義目標 食品関係業務責任者が求められる食品衛生の専門知識について講義及び実習を通じて学び、食品有害微生物検査士(中級)の資格取得を目指す。
講義内容 ・食中毒発生例の多い病原菌の検出法
  黄色ブドウ球菌
  サルモネラ菌
  腸管出血性大腸菌
  ビブリオ菌
・認定試験
③ 食品有害微生物講習 上級
科目名 食品有害微生物講習 上級
講師名 帯広畜産大学 倉園久生教授、川本恵子教授、廣井豊子准教授、 山崎栄樹助教、奥村香世助教、楠本晃子助教
講義目標 食品衛生のプロフェッショナルとして知るべき食品衛生の専門知識や技術について講義及び実習を通じて学び、食品有害微生物検査士(上級)の資格取得を目指す。
講義内容 より高度な技術等を要する、食中毒菌の検出法や遺伝子検査法について学ぶ。
  カンピロバクター
  ウェルシュ菌 など
・認定試験