教育内容

  • 獣医解剖学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医解剖学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医組織学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医組織学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医生理学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医生理学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医生化学
  • 獣医生化学実習
  • 獣医臨床薬理学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医薬理学実習
  • 毒性学
  • 毒性学実習
  • 獣医病理学総論Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医病理学各論Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医病理学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医微生物学総論
  • 獣医微生物学各論
  • 獣医微生物学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 家禽疾病学
  • 獣医原虫病学
  • 獣医寄生虫病学
  • 獣医寄生虫病学実習
  • 獣医伝染病学Ⅰ・Ⅱ
  • 魚病学
  • 獣医公衆衛生学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医公衆衛生学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 食品衛生学実習
  • 獣医畜産法規
  • 獣医予防衛生学
  • 獣医内科学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 獣医内科学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医外科学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 獣医外科学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医臨床繁殖学Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医臨床繁殖学実習Ⅰ・Ⅱ
  • 獣医放射線学
  • 獣医放射線学実習
  • 臨床病理学
  • 総合臨床学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 総合臨床学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 実験動物学
  • 実験動物学実習
  • 生産獣医療学
  • 獣医疫学
  • 免疫学
  • 放射線生物学
  • 動物の福祉と倫理
  • 卒業研究ゼミナールⅠ~Ⅳ
  • 卒業研究

取得可能な資格

  • 獣医師国家試験受験資格
  • 学芸員任用資格

主な進路

公務員、民間企業、団体職員、個人開業獣医師、勤務獣医師、公的および民間研究機関、大学院進学など