帯広畜産大学

トピックス

スクラム十勝シンポジウム2005

帯広畜産大学をはじめとする十勝圏に存立する研究機関は、包括的な連携協力を推進するための枠組みとして、「スクラム十勝」を設立いたしました。


その目的は、わが国の動植物性食品生産の中核である十勝地域が抱える食の安全と安心(生産と衛生)に関する多様な課題の解決を図るとともに、高度な人材育成を通じてわが国の食の安全・安心の確立に貢献し、ひいては健全な食文化の構築に資することです。

このたび、地域の皆様に「スクラム十勝」の趣旨をご理解頂くためのシンポジウムを開催することとなりました。
ご多忙中とは存じますが、ご来場いただきますようご案内申し上げます。

なお、シンポジウム参加お申し込みは、11月4日までに、お名前、所属(団体会社学校名等)、ご連絡先を帯広畜産大学研究国際課まで、メールもしくはファックスでお知らせ下さい。
ファックスでお申し込みの場合は、こちら[PDFファイル、89kb]の申込用紙をプリントアウトされ、帯広畜産大学研究国際課(ファックス:0155-49-5289)までご連絡下さい。
また、ご不明な点につきましてもお問い合わせ下さい。

プログラム

13:30
開会挨拶
鈴木直義(帯広畜産大学長)
13:35
スクラム十勝について
長澤秀行(帯広畜産大学理事)
13:45
美味しくて安心安全な食材を提供する畑作物の開発研究
渡辺治郎(北海道農業研究センター畑作研究部畑作研究管理者)
14:10
クリ-ンな畜産を目指して
扇勉(北海道立畜産試験場畜産工学部長)
14:35
~休憩~
14:50
環境に優しく、安全な農作物生産に向けた取り組み
兼平修(北海道立十勝農業試験場生産研究部長)
15:15
食の安全確保への学術貢献
長澤秀行(帯広畜産大学理事)
15:40
「都市エリア産学官連携促進事業」機能性を重視した十勝産農畜産物の高付加価値化に関する技術開発
佐山晃司(北海道立十勝圏地域食品加工技術センター科学技術コーディネーター)
16:05
~休憩(質問票回収)~
16:20
意見交換
関川三男(コーディネーター、帯広畜産大学畜産衛生学専攻長教授)
パネリスト5名(各機関講演者)
17:00
閉会

お問い合わせ:帯広畜産大学研究国際課

e-mail:kenkyu@obihiro.ac.jp

TEL:0155-49-5286

FAX:0155-49-5289

前ページに戻る