帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「大学研究シーズ発見ツアー」を開催 

 8月21日(火)に帯広畜産大学において、本学地域連携推進センターと北海道経済連合会の主催で「大学研究シーズ発見ツアー」を開催しました。本ツアーは、大学の研究シーズを北海道経済連合会の会員企業に紹介することで、産学連携の促進に繋げようと平成29年度から北海道大学、北海道科学大学で開催しており、今回が三回目となります。
 はじめに井上昇理事による大学の概要紹介の後、姜興起教授(人間科学研究部門)が「ナガイモ形状予測方法の開発と種イモ切断調製装置への応用」、福田健二准教授(グローバルアグロメディシン研究センター)が「有用乳酸菌と乳由来機能性成分の探索」、窪田さと子助教(環境農学研究部門)が「食の安全に対する社会科学的アプローチ」、佐藤禎稔教授(環境農学研究部門)が「大規模畑作で期待されるセンサやロボットトラクタの研究紹介」という課題名で、研究シーズの紹介を行いました。29名の出席者は熱心に聴講し、活発な質疑がなされました。プレゼンテーション終了後には農業機械実験実習棟に移動し、ロボットトラクタの無人作業とスプレーヤのブーム高さ自動制御装置の実演を視察しました。


研究内容を紹介する窪田助教

無人トラクター作業の実演


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る