帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「ちくだいホームカミングデー2018」を開催

 10月6日(土)に、卒業生、修了生及び教職員OB・OGの皆様に、再び本学に足をお運びいただき、同窓生や在学生、教職員との交流を深めていただくことを目的に「ちくだいホームカミングデー2018」を開催し、全国各地から150名(教職員含む)を超える参加者がありました。
 講堂で開催した開会式では、奥田学長から「母校で過ごされた思い出に浸り、母校の発展を見ていただき、大いに語らい、時間の許す限りお楽しみください。」と挨拶がありました。砂川同窓会長のご挨拶に続き、大学基金感謝状贈呈式を行い、栁川理事からは本学の近況についての説明を行いました。
 次に、各界で活躍されている卒業生の方による講演会を開催しました。今年は、内外施設工業株式会社の林克昌取締役社長に「卒業から四半世紀を経て今思うこと」と題して、学生時代のこと、卒業後の米国への留学や就職のこと、帯広畜産大学に期待することなどについて講演していただき、「一緒に畜大を応援していきましょう。」との呼びかけがありました 。
 午後は、創立時からの写真をまとめたアーカイブ動画の投影、キャンパス見学会(産業動物臨床棟見学コース、動物医療センター見学コース、総合研究棟Ⅰ号館周辺見学コース、バスによる構内見学コース、寮(学生寄宿舎)見学コース)を行った後、懇親会を開催しました。天候が不安定だったため、屋内での開催となりましたが、本学らしいメニューの提供のほか、学生が研究しているソシソン(発酵ドライソーセージ)の紹介を行うなど、現役学生との交流でも大いに盛り上がりました。
 最後は参加者全員で円陣を組み、井上理事の前口上で「逍遥歌」(大学の愛唱歌)を大合唱し、盛会のうちに終了しました。


講堂前での集合写真

産業動物臨床棟見学の様子

大盛況の懇親会

逍遙歌の大合唱

 

 

 

前ページに戻る