帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

フードバレーとかち人材育成事業「農業生産者コースGAPセミナー」を開催

 1月22日(火)~28日(月)に、フードバレーとかち人材育成事業「農業生産者コースGAPセミナー」を開催し、延べ73名が参加しました。。
 本セミナーは全3回の講義となっており、第1回は一般社団法人日本生産者GAP協会理事長の田上隆一氏が、GAPについて欧州での取り組みの現状や、日本における今後のあり方について解説しました 。
 第2回の「HACCP構築手法~畑作編~」は、本学地域連携推進センターの渡辺信吾特任教授が、食品を安全に製造するためのHACCP手法(7原則12手順)を活用した畑作でのHACCP構築手法について、座学と実習を交えながら2日間にわたり解説しました。
 第3回は本学環境農学研究部門の小池正徳教授と、北海道立総合研究機構十勝農業試験場主査の三宅規文氏が、IPM(総合的病害虫・雑草管理)について事例を交えて解説しました。
 セミナー参加者からは、「難しく考えていたGAPについて糸口がみえた」、「GAPについて理解を深められた」などの感想が寄せられました。
 フードバレーとかち人材育成事業では、今後もGAPについてのセミナーを継続して開催する予定です。


田上理事長

渡辺特任教授


小池教授

三宅主査

 

 

 

前ページに戻る