帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広市との連携事業「馬の総合体験学習事業」を開始

 6月7日(水)帯広市が運営する適応指導教室ひろびろに通う生徒を対象に、馬に関する体験学習を通じて心身の健康増進を図る「馬の総合体験学習事業」を開始しました。
 本事業は、乗馬や馬とのふれあいに加え、馬に関するミニ講義や厩舎作業など総合的な学習を行うことにより、子供たちの心身の癒しや教育的な効果が得られることを目的としています。
 初回となる今回は、馬の体の仕組みなどについてミニ講義を行ったほか、馬の世話体験(ブラッシング等)や馬糞堆肥を混ぜた畑で人参の種植えを行いました。
 今後は10月まで計5回の活動を予定しており、馬に関する知識を段階的に学んでいきます。
 また、最終回には自分たちで植えた人参を収穫し、馬たちへプレゼントすることを予定しています。



  

前ページに戻る