帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広市との連携事業「障がい者乗馬体験事業」を開催

 5月26日(金)本学と帯広市の連携事業「平成29年度障がい者乗馬体験事業」の第1回目を開催しました。
 本事業は、乗馬や馬とのふれあいを通じ、障がい者の身体的、精神的な安定と生活の質の向上を目的に平成26年から実施しており、今年で4年目となります。
 参加者は、馬に頬ずりをしたり、ブラシをかけたりするなど、馬とのふれあいを楽しんだ後、畜産フィールド科学センター 齊藤朋子助教の指導の下、学生とともに乗馬を体験し、終始笑顔で楽しんでいました。
 今年度は、この障がい者乗馬体験を10月中旬まで計10回開催する予定です。


 馬のブラシかけに挑戦   

 馬に乗ると自然と笑顔になる参加者  
   

◎「障がい者乗馬体験」のお申し込みは、 こちらのホームページからお願いします。

   

前ページに戻る

前ページに戻る