帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「ライフサイエンス系新技術説明会」に参加

 11月16日(木)に、JST東京本部別館1Fホールにおいて、国立研究開発法人科学技術振興機構と北海道大学産学・地域協働推進機構の主催(特許庁、北見工業大学、北海道立総合研究機構、本学後援)で「ライフサイエンス系新技術説明会」が開催されました。本新技術説明会は、北海道地区の大学等のライフサイエンス系技術分野の特許シーズを集めて、研究者が自らの技術について紹介し、実施企業・共同研究パートナーとマッチングを図るイベントです。今回は11件の研究内容が紹介されました。
 本学からは加藤健太郎准教授が「抗原虫作用有す新規薬剤候補物質群の紹介」を、豊留孝仁講師が「迅速簡便なアゾール耐性アスペルギルス・フミガーツス検出法」を、石井利明教授が「パーキンソン病患者の認知障害を正常化する薬」という課題名で、それぞれ説明を行いました。約70名の出席者は熱心に聴講され、プレゼン終了後には関心を持った企業関係者と面談を行いました。


説明する加藤准教授、豊留講師、石井教授(左から)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る