帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成29度帯広畜産大学生産獣医療技術研修を開催

 畜産フィールド科学センターにおいて、平成29年度生産獣医療技術研修の基礎コースは8月7日(月)から11日(金)まで、発展コースは8月28日(月)から9月1日(金)までのそれぞれ5日間にわたり開催しました。
 この事業は、獣医療技術のみならず酪農経営、動物福祉など生産現場で必要な技術、知識の習得による全国の産業臨床獣医師の技術向上を目的として、平成19年度から平成21年度まで本学で開催された 『文部科学省社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業』の研修プログラムを継続発展させて、平成22年度からは大学単独事業として開催しており、これまでに全国から450名を超える獣医師がこの研修を受講しています。
 今年度は、地元をはじめ南は沖縄まで、全国各地の産業動物臨床獣医師等50名が集まり、畜産フィールド科学センターのほか近隣の酪農家を訪れ、ケーススタディを行うなど、実学を重視した研修を行いました。
 受講生からは、「この研修で得た知識を現場の臨床に役立てたい。」との感想が述べられ、充実した研修となりました。


花田准教授の講義(基礎コース)     

柳川理事挨拶(発展コース開講式)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る