帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学木田教授と弘進ゴム㈱との共同開発による「家畜防疫対策用安全長靴」が発売される

 畜産フィールド科学センター長木田克弥教授(家畜・植物防疫研究室長)と弘進ゴム株式会社との共同開発による「家畜防疫対策用安全長靴」が商品化され、弘進ゴム㈱から発売されました。
 農業・畜産業では、病原菌から作物や家畜を守ることが大切であり、特に感染経路を遮断し、感染の拡大を防ぐことが極めて重要です。
 この度、共同開発した安全長靴は、業界標準の先芯より強い鋼製先芯を採用し、牛糞などが詰まりにくく、取れやすい靴底形状、靴についた菌を増やさない抗菌加工を施すなど、長靴による病原体拡散防止ための様々な工夫がされています。
 木田教授は、何度も試作品について、ATP化学発光検査(器具等の洗浄度調査に利用する汚れ(ATP値))と細菌培養検査による細菌残留数など防汚性評価試験を行い、汚れが残りにくいことを実証しました。
 木田教授は「この長靴は、日本の家畜と農作物の防疫に大いに貢献し、農畜産業の発展に寄与できるものと、確信している。」と語っています。


商品化された家畜防疫対策用安全長靴  


前ページに戻る