帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

恒例の餅つきで平成29年を締めくくる

 12月28日(木)に総合研究棟Ⅰ号館多目的ホールにおいて、平成20年から毎年実施している年末恒例の餅つきを実施しました。
 最初に、奥田学長が挨拶した後、周囲の「よいしょ」という掛け声とともに自ら力強く餅をつかれました。
 その後、留学生、教職員が慣れないきねに悪戦苦闘しながら、代わる代わる5臼(20キロ)の餅をつき上げました。
 つきたての餅は、教職員が、あんこ、きな粉、納豆、ごま、のり、大根おろしに絡めて味付けし、参加した約200人の教職員・学生に配られました。
 日本の伝統的な餅を食べながら、役員、教職員、学生が交流を図り、平成29年を締めくくりました。


力強く餅をつく奥田学長

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る