帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広市文化スポーツ振興財団との連携事業「2017’みんなのちくだい。」を実施

 6月11日(日)本学逍遥舎において、本学学生サークルのチーズ部による「チーズとバターのサイエンス」を実施しました。
 この事業は、帯広市文化スポーツ振興財団との連携協定に基づき、地域の人達との交流を図るイベントを本学学生サークルが主体となって、企画・実施しているものです。
 当日は、20名が参加し、熱した牛乳にレモン汁(酸味のあるもの)を加え、脱水して作る「カッテージチーズ」と、生クリームを小さな容器に入れ、ひたすら振って作る「バター」作りを楽しみました。
 その後、できあがったチーズとバターを焼きたての食パンにのせておいしくいただきました。  最後に、チーズに関するクイズを行い、クイズに参加した子ども達は、市販のチーズをプレゼントされ大喜びでした。
 「2017’みんなのちくだい。」の今年度の次の事業は、7月8日(土)に「熱気球にふれてみよう!のってみよう!」、7月9日(日)に「畜大ホースでLet’s乗馬体験2017」を開催します。
 詳しくは「帯広市文化スポーツ振興財団」のホームページをご覧ください。


チーズの作り方を説明   

  楽しくチーズ作りに挑戦  
   

※ 帯広市文化スポーツ振興財団」のホームページ

   

前ページに戻る

前ページに戻る