帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「北日本学生馬術選手権大会」で本学馬術部の中村幸雄さん、田神優香さんが優勝!

 7月2日(日)岩手大学馬場において開催された、第89回北日本学生馬術選手権大会で中村幸雄さん(畜産科学課程4年)が、第53回北日本学生馬術女子選手権大会で田神優香さん(畜産科学課程1年)が、それぞれ優勝しました。
 馬術競技は、大きく馬場馬術競技と障害飛越競技に分けられます。馬場馬術競技は、決められた競技馬場内で、いかに馬を思い通り美しく動かすことができるかを競う競技です。障害飛越競技は、様々な色や形で作られた障害物をいかに崩さずに飛越し、走行タイムと障害物の落下の少なさを競う競技です。
 この大会には、北海道地区および東北地区から8大学が出場し、選手権には男子15名が、女子選手権には13名が出場しました。
 予選は、4ブロックのトーナメント方式で、貸与馬方式(ブロック全員が同じ馬で演技する)による、馬場馬術競技で競われました。
 決勝は、馬場馬術競技と障害飛越競技(障害物:高さ120センチ以内、幅140センチ以内、障害数13個以内)の2種目で競われ、見事中村さん、田神さんが優勝しました。
 二人は、11月に福岡県で開催される全日本学生馬術選手権大会および全日本学生馬術女子選手権大会出場への切符を手にしました。二人の今後の活躍が期待されます。


大会に出場した小嶺君(馬術主将)、中村君、田神さん、瀬之口さん(左から)

 

 

 


 

前ページに戻る