帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

大学基金寄附者に感謝状を贈呈

 このたび、大学基金の賛助会員として多大なご支援をいただいた三浦弘之氏(本学名誉教授)並びに公益信託河本記念北海道・新疆ウイグル開発技術交流基金に対して、奥田潔学長から感謝状を贈呈しました。
 この感謝状は、平成22年4月に帯広畜産大学基金を創設以来、企業・団体等にあっては100万円以上、個人にあっては50万円以上のご寄附をいただいた方に対し、大学基金で定める「謝意表明の基本方針」に基づき、贈呈したものです。
 10月7日(土)には、「ちくだいホームカミングデー2017」の開会式において、大学基金感謝状贈呈式を実施し、三浦先生へ、10月11日(水)には、公益信託河本記念北海道・新疆ウイグル開発技術交流基金の河本英典運営委員長へ、それぞれ学長から感謝状が手渡されました。
 また、同じく多大なご支援をいただいた斉藤篤氏には、遠方のため感謝状を お送りいたしました。
 なお、企業・団体等で20万円以上、個人にあっては10万円以上の寄附をされた方には、本学「かしわプラザ」に設置してある銘板に掲載させていただきます。
 皆様からの賛助会費及びご寄附は、学生への修学支援を中心に、老朽化した施設の改修工事など、有効に活用させていただいております。
 今後とも、大学基金の賛助会員加入及び大学基金へのご寄附について、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


 三浦先生、奥田学長(左から)   

河本運営委員長、奥田学長(左から)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る