帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

新入生が全学農畜産実習で羊の保定技術を体験

 独立行政法人家畜改良センター十勝牧場(音更町駒場)において、新入生が羊の保定技術を体験しました。
 この「羊の保定技術実習」は、全学農畜産実習の授業の一環として、毛刈りや治療の時に羊が動かないようにする「保定」の技術等を体験するもので、4月11日(火)から始まりました。
 18日(火)の実習では、畜産科学課程1年の42名が牧場職員から羊の特徴などの説明を聴き、同職員による羊の毛刈りの実演を見学しました。その後、新入生は6班に分かれ、同職員の指導を受けながら羊の首を押さえて仰向けにし、体や膝を使って羊を動かないようにする保定技術を体験しました。
 本学の全学農畜産実習は、本学新入生(共同獣医学課程・畜産科学課程)全員が参加するカリキュラムとなっており,学生に農畜産の幅広い知識と体験により「食の安全」と「命の大切さ」を実感させ,クラス単位での実習参加を通じて,学生の人間関係やコミュニケーションを確立することを目指した総合的な導入教育です。
 この全学農畜産実習では、今後、イモ植え、野菜の苗植えなどの「作物栽培」、畜産フィールド科学センターでの「搾乳実習」、バター・アイスクリーム製造の「乳製品生産」、全新入生を6班に分けて、4月25日(火)から約1か月半にわたって豚の飼育をする「家畜管理」、その飼育した豚のと畜、解体をして、ソーセージ・ベーコンを製造する「肉製品生産」などの実習を行い、専門職業人としての必要な見識を養うことになります。


牧場職員の毛刈りの実演

 保定がうまくできて笑顔を見せる新入生

前ページに戻る