帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「ちくだいホームカミングデー2017」を開催

 10月7日(土)に、講堂などにおいて、卒業生、修了生及び教職員OB・OGの皆様に、再び本学に足をお運びいただき、同窓生や在学生、教職員との交流を深めていただくために、初めてとなる「ちくだいホームカミングデー2017」を開催し、全国各地から約130名(教職員含む)の参加がありました。
 講堂で開催された開会式では、奥田学長より「各地の同窓会に出席した際に、同窓生の皆様から、最新の大学が見たいとの声が多くあり、初めてホームカミングデーを開催することにしました。今後もより良い形で継続して参ります。」と挨拶があった後、砂川同窓会長のご挨拶に続き、栁川理事から大学の概要について説明がありました。
 開会式の後は、産業動物臨床棟見学コース、動物医療センター見学コース、総合研究棟Ⅰ号館周辺見学コース、バスによる構内見学コース、寮(学生寄宿舎)見学コースの5コースに分かれ、担当の教員、職員、学生が学内を案内しました。参加者からは、「50年前との違いを痛感できた。」「改革が進んだ畜大の歴史がバス見学でも知り得て良かった。」などの感想が寄せられ、大学の最新施設などをご覧いただく良い機会となりました。
 学内見学の後は、帯広畜産大学ならではのメニューを用意した懇親会を開催しました。畜大牛乳での乾杯の後、卒業年の近い同窓生でテーブルを囲み、在学中の話や、近況報告など、旧友や恩師との楽しい会話が弾んでいました。途中には、大先輩からのご挨拶にも耳を傾け、そのお元気な姿と楽しいお話に、大きな拍手と笑いに包まれました 。
 最後に、恒例の全員で円陣を組み、「逍遥歌」(大学の愛唱歌)を合唱し、井上理事の閉会挨拶をもって、盛会のうちに終了しました。
 当日は、「大学祭」や「馬フォーラム」のイベントも同時開催され、秋の紅葉が綺麗なキャンパスは、小雨模様にも関わらず、大勢の来場者で賑わいました。


 講堂前での集合写真

  大講義室見学の様子

大盛況の懇親会

逍遙歌の大合唱

 

前ページに戻る