帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「うしぶ。」が畜大牛乳をPR

11月18日(土)10時から15時まで、本学学生サークル「うしぶ。」が中心となって、畜大牛乳の消費拡大を目的に、藤丸百貨店(帯広市西2条南8丁目)7階の催事場「第23回とかち大収穫祭市うまいもんまつり」に設置された畜大牛乳販売ブースで、畜大牛乳のPRを行いました。
 「うしぶ。」は、本学畜産フィールド科学センターで飼養されている乳牛の搾乳を任されている学生サークルで、朝夕5時から毎日交代で搾乳作業をしています。
 PR当日、帯広はこの冬初の積雪となり、午前中は買い物客の出足が少なく、不安なスタートとなりましたが、「うしぶ。」の大﨑誠也さん、加村莉香子さん、武内美帆さんが畜大牛乳の試飲を大きな声で呼びかけました。15時の終了までには、藤丸が販売用に用意した低温殺菌牛乳80本、高温殺菌牛乳150本は、ほぼ完売となりました。
 また、来場者からは、「いつも飲んでいるよ。」「畜大牛乳を飲んだら他の牛乳は飲めない。」などの嬉しいお言葉もいただきました。 畜大牛乳は、地元デパートの藤丸百貨店のほか、十勝管内のスーパーダイイチ、フクハラ、イトーヨーカドーなど20数店舗とダイイチ札幌圏の5店舗でも販売されています。
 なお、同時に実施した飲み比べアンケートでは、47対36で低温殺菌牛乳が好評という結果となりました。


畜大牛乳を試飲後、購入する人たち 

  飲み比べ結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る