帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

コーネル大学教育 プログラム派遣大学院生帰国報告会を開催

 本学では、平成27年度よりグローバルアグロメディシン研究センターを設置し、米国コーネル大学及びウィスコンシン大学と学術交流協定を締結して、国際共同研究の促進、各大学との人材交流を深め、本学における獣医学・農学分野の強化を促進しています。
 今年度、同センターではコーネル大学主催の二つの教育プログラム(AQUAVET ⅡおよびSummer Dairy Institute)に中郡翔太郎さん(岐阜大学大学院連合獣医学研究科博士課程2年)と羽立薫さん(同 2年)を派遣し、このたび帰国報告会を開催しました。
 AQUAVET Ⅱに参加した中郡さん からは、昨年度参加した同プログラム Ⅰでは、水棲動物が研究、飼育されている施設などを視察する機会が多い総論的な内容 であったのに対して、今回のプログラムⅡ は1日のほとんど が 水棲動物の病理学に関する講義や実習 であったと の説明がありました。 また、忙しい合間に仲間と楽しく 過ごすなど、充実した 研修であったことなども紹介されました。 最後に、「これから研究者を目指す上で、今回知り合った仲間や先生とのネットワークが一番の財産 となった。」と 語られました。
 Summer Dairy Instituteに参加した羽立さん からは、6週間のプログラムで 農場経営について学ぶ時間がもっとも多く、 これからの米国での獣医師には個体診療よりもマネジメント が 求められている 現状 が報告 されました。ケースファームプロジェクトでは、グループに分かれ実際に農場を訪問し、最終日に、このプログラムで学んだことを参考に、衛生面での改善点を指摘することが でき、オーナーに喜んでもらえたのが励みになったことも紹介 されました。また、今後参加を検討している学生に 向けて、「 いろいろな場面で自分の考えを聞かれることが多かったので、英語力に加えて コミュニケーション能力も大切。」とアドバイス がありました。 
 今後、二人が得た知見を、本学の教育 に 活用していきます。


質問に答える中郡さん

報告を行う羽立さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る