帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

第53回畜大祭を開催

 10月7日(土)、8日(日)に帯広畜産大学キャンパスにおいて、第53回畜大祭が開催されました。
 7日(土)は、毎年恒例の障害物競争「あぐりレース」が行われ、多くの子供たちが参加し、軍手をはめて、ブルーシートをくぐり、ジャガイモを運んでパン食い競走をするレースに一生懸命頑張っていました。
 8日(日)には、ばん馬が引く馬車の乗車や毎年恒例の「羊の丸焼き」無料配付が行われ、200人以上の行列が出来るほどの大盛況でした。
2日間を通して、20以上の屋台が出店し、学内で栽培したじゃがいもを使った「じゃがバター」、大学の研究室から提供されたトマトで作った「畜大バーガー」、畜大牛乳シチュー、学生後援会の父母が提供した豚汁などの販売が行われました。
 その他、大学で飼育している馬たちの飼育施設等を見学する毎年人気の「動物ツアー」や「牛乳早飲み大会」、新企画の「バター作り」、新鮮野菜の詰め放題なども行われ、マンドリンやアカペラ、ダンスサークルの発表会も行われました。
 中でも、学生サークル「えぞほね団」によるシャチの全身骨格などの展示に訪れた人は、その大きさに驚いていました。
 今年の畜大祭も帯広畜産大学らしい多彩な催し物が行われ、多くの市民や親子連れが訪れ、7日に開催された同窓会総会の終了後には、多くの同窓生も立ち寄って、楽しんでいました。


 シャチの全身骨格展示の様子  

羊の丸焼き無料配付の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る