帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

農業サークル「あぐりとかち」が「麦感祭(ばっかんさい)」を盛り上げる

8月20日(日)に日本一の小麦生産量を誇る音更町で開催された「麦感祭(ばっかんさい)」において、農業サークル「あぐりとかち」が企画・運営に協力し、祭りを盛り上げました。
 この麦感祭は、小麦の収穫に感謝し、小麦畑の上で、小麦を存分に楽しんでもらうことを目的に、小麦生産者や㈱満寿屋商店などでつくる実行委員会の主催で毎年開催されていて、今年で7回目となります。
 農業サークル「あぐりとかち」は、第1回目の実行委員会から参加し、今年は、小麦クイズ、特製かき氷の提供、障害物競走、秋まき小麦の出来るまでのパネル展示などを企画・運営しました。
 当日は、メンバー約20名が参加し、設営から祭りの総合司会・進行などの運営にあたりました。中でも、メンバーが考案した黒蜜に音更産黒豆、きな粉、小麦焙煎粉をのせた「まめむぎこおり」とイチゴシロップとチョコシロップに麦チョコをのせた「あぽろこおり」の2種類の特製かき氷は、午前中で完売するほどの大好評でした。
 また、音更産の小麦粉に畜大牛乳を練り込み、メンバー自らが作ったオリジナルあんパンを使用した障害物競走は、大人も子供も大いに盛り上がりました。


今年収穫した小麦と1年寝かせた小麦で
焼いたパンの試食も行いました。   

オリジナルパンを目指して子供達も
一生懸命でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る