帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

学生サークルOZUFUL(オズフル)がおびひろ動物園でスタンプラリーを実施

 9月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)の4日間、おびひろ動物園内において、学生サークルOZUFUL(オズフル)がスタンプラリーを実施し、来園者を楽しませました。
 OZUFULは、おびひろ動物園を盛り上げるため、園内の動物の紹介やイベントなどを企画、実施し、多くの方に来園してもらうための学生サークルです。
 昨年度は、園内の人気動物アンケートを実施しましたが、今年は、柚原和敏園長と相談して、全てのスタンプを押すと一枚の絵になるスタンプラリーを企画し、スタンプラリー台紙の作製、スタンプ台の設置、次のスタンプ場所のヒントの掲示物作成など10人のメンバーで実施しました。
 16日(土)は、OZUFUL代表の岡田珠緒(畜産科学課程2年)さんが、動物園正門前で9時から12時まで、来園した子供たちに声をかけ、約70枚のスタンプ台紙を配りました。
 岡田さんは『子供たちが楽しんでスタンプラリーをしている様子が見られて、とても嬉しいです。また、親御さんから、「子供がすぐに乗り物に乗りたいと言わず、動物園内を回ってくれる。」と言われ、その言葉だけでも今回の企画は成功したと思います。大変なこともありましたが、貴重な体験をさせていただきました。』と話してくれました。


   


 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る