帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成29年度フードバレーとかち人材育成事業「地域産業活性化に向けた経営論」を開講

 6月19日(月)に、本学と帯広市が共同で進める、フードバレーとかち人材育成事業の「地域産業活性化に向けた経営論」が始まりました。
 本事業は、平成24年度から帯広市との共同事業として実施しており、6年目の今年度は、「ビジネスコース」、「食品安全管理コース」、「農業生産者コース」を実施いたします。
 ビジネスコースで開講される「地域産業活性化に向けた経営論」では、事業の立上げや会社設立に必要な基礎知識の習得のほかに、管内企業を訪問してのケーススタディなどを実施します。
 初回の講義「アントレプレナーシップ」では、起業シミュレーションをとおして、起業についての心構え等を学びました。講義には、十勝管内の社会人11名と、本学大学院生11名の合計22名が参加し、お互いの意見を交換しながら、終始活気あるディスカッションが繰り広げられました。
 昨年から本学大学院の講義としても位置づけられ、学生と社会人が共に学び、意見を出し合い、刺激し合うことで理解がより深まっています。
 本講義は、全8回の講義で8月14日(月)まで行われ、10月からは、応用編となる「ビジネスコース(企業戦略論)」を実施する予定です。(9月11日まで受講生を募集しています)
 詳しくは、本事業のホームページ(平成29年度フードバレーとかち人材育成事業)をご覧ください。http://www.obihiro.ac.jp/~crcenter/f-jinzai/


講義を行う、インサイトマネジメント株式会社
代表取締役 坪井 真一氏


牛丼店開業についてグループディスカッションを
行う受講生   

前ページに戻る