帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

JICA「バリューチェーンの整備を通じた農村振興」コースの研修生が本学で実習

 7月4日(火)本学羊舎において、JICA「バリューチェーンの整備を通じた農村振興」コースの研修生が、羊の飼料消化率測定手法の実習をしました。
 この研修コースは、本学が独立行政法人国際協力機構(JICA)北海道国際センター(帯広)からの委託を受けて実施している事業で、畜産や畑作、それらの副産物の利用、6次産業化などの講義と実習により、生産者(農村)と消費者(都会)を結ぶバリューチェーンの構築を通して、それぞれの国や地域で農村振興を計画、実行できる人材の育成を目的としています。
 4日(火)の午前中は、本学生命・食料科学研究部門西田武弘准教授から、牛、羊の特徴やいろいろな飼料などについて講義を受け、午後からは、本学羊舎において、西田准教授の指導の下、羊にフン袋を装着し、羊の飼料消化率測定方法の実習を行いました。
 このコースには、スリランカ、ボリビア、アフガニスタンなど8カ国計11名の研修生が参加し、コースリーダーである本学生命・食料科学研究部門手塚雅文教授の助言の下、8月25 日(金)までの約2ヶ月間実施されます。


羊にフン袋を装着する実習の様子 

 

 

 


 

前ページに戻る