帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

JICA帯広連携事業パラグアイ学生ボランティア派遣(第9次短期隊員)~元気に活動~

 2012年度からスタートした『パラグアイ国イタプア県の小規模酪農強化事業(FOPROLEI)』に参加している短期学生ボランティア派遣第9次隊の学生4名⦅前潤之介さん(共同獣医学課程4年)、荒木みのりさん、橋本桃菜さん、平田博史さん(畜産科学課程3年)⦆は、去る8月18日にパラグアイに到着し、8月21日(月)から南部イタプア県のコロネル・ボガード市を拠点に元気に活動してきました。
 今回の学生のミッションは、従来同様に未明からの現地調査(農家訪問)で搾乳衛生、飼料給与、繁殖管理、経営の4つの分野について、長期隊員による支援活動の成果を確認して報告するとともに、本プロジェクトの集大成として5年間の成果を取りまとめて最終報告会で発表することです。
 現地調査は、天候にも恵まれて順調に消化し、隊員たちは、9月18日から20日までの3市(コロネル・ボガード、ヘネラル・アルティーガス、サンペドロ・デル・パラナ)での報告会で、酪農家の改善取り組みの成果(乳質向上、サイレージ調製と草地の植生改善、人工授精の普及、そして集乳所設置による生乳出荷など)が顕著に表れていることを、詳細なデータを提示して報告しました。
 なお、本事業は、第1フェーズの成果を踏まえ、来年4月からは第2フェーズを実施することが決定されており、最終報告会には、第2フェーズに参加する3市(フラム、サンファン・デル・パラナ、カルメン・デル・パラナ)の関係者も出席されました。
 第9次隊は9月21日(木)を以てすべての活動を終了し、22日(金)に帰国の途につきました。


搾乳手順を説明する隊員たち   

ホテルの作業部屋で報告会の準備をする隊員たち    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る