帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

パラグアイ短期派遣学生ボランティア帰国報告会を開催

 11月17日(金)に、かしわプラザにおいて、8月17日(木)から9月24日(日)までパラグアイ共和国で活動を行った、「帯広-JICA協力隊連携事業」第9次短期派遣学生ボランティア⦅橋本桃菜さん、平田博史さん、荒木みのりさん(いずれも畜産科学課程3年)、前潤之介さん (共同獣医課程4年)⦆の帰国報告会を開催しました。
 今回派遣の4名は、プロジェクト第1フェーズ最後の短期隊員で、現地に派遣中の長期隊員の協力の下、対象酪農家で搾乳衛生、繁殖管理、飼料、経営の4分野の調査を行いました。4名は、これまでに派遣された短期隊員のデータ等も活用し、その成果及び課題等についてそれぞれ報告しました。
 第1フェーズ最後ということもあり、会場には学生や教員など50人以上が足を運び、真剣な様子で報告に耳を傾けていました。報告後は会場から調査結果についてはもちろんのこと、パラグアイでの生活についても多くの質問があり、隊員達は緊張しながらも一つ一つ丁寧に答えていました。
 なお、次回派遣からは第2フェーズがスタートします。 
 詳細については、「帯広-JICA連携協力隊事業 本学ホームページ」をご覧ください。


左から前さん、荒木さん、平田さん、橋本さん

発表するリーダーの前さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る