帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

JICA「農民主導による普及手法(A)」コースが終了

 6月8日(木)本学本部棟大会議室において、「農民主導による普及手法(A)」コースの閉講式が行われました。
 この研修コースは、自国の農業普及のため、計画・運営できる人材を育成することを目的として、本学が独立行政法人国際協力機構(JICA)北海道国際センター(帯広)からの委託を受け、コースリーダーである本学畜産フィールド科学センター家畜・植物防疫研究室門平睦代教授の助言のもと春、冬の年に2回実施しています。
 この春のコースには、ニジェール、ザンビア、マダガスカル、マラウイなど7ヵ国から11人の研修員が参加し、5月9日(火)から6月8日(木)まで、十勝管内の関係機関、講師の協力により講義や実習を行ってきました。
  閉講式では、研修生を代表してMWANSA Fredrick Besaさん(ザンビア)が「自国に帰って、この研修で学んだ多くの知識を活かし、農民の生活向上のため働くことを約束いたします。また、この研修を支えてくれた多くの方々に感謝します。」とお礼の言葉を述べました。
 11人の研修員は修了証書を受け取り、1ヶ月間の研修を終えた喜びを分かち合っていました。


修了生と関係者、前列左3番目からサブリーダー水戸部洋二氏 、門平教授、
JICA帯広 飯田次郎課長    

 

 

 


 

前ページに戻る