帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学大学院生にHACCPシステム関連研修を開催

 9月19日(火)から28日(木)までの7日間、本学地域連携推進センターにおいて、今年度入学の大学院生19名に対し、集中講義形式によるHACCPシステム関連研修を開催しました。
 前半の3日間は、山田輝男客員教授(元日本ハム株式会社顧問)から貴重な体験談も交えたHACCPシステム構築に必要な微生物の知識と食品表示法に関する講義、大島典夫非常勤講師(よつ葉乳業株式会社十勝主管工場品質管理部担当課長)からは、実際の機器を使用した食品加工・製造設備や機械の保守管理等に関する講義をしていただきました。
 後半の4日間は、通山志保客員教授(渡島保健所技術主幹)と渡辺信吾特任教授によるHACCPシステム構築実習等が行われました。
 この実習は、メンバーが様々な議論を行うグループワーク方式で進められ、最終的にHACCPプランを完成させました。
 受講者からは、「実例があり、分かりやすかった。活発に意見交換ができて良かった。」との声が寄せられました。
 受講修了者には、HACCPシステム構築の力量を示す修了証(HACCPシステム構築4日間研修修了証書)が大学より交付されました。


実際の機器を使用して説明する
大島非常勤講師(中央奥)   

グループワークの様子
 (渡辺特任教授:中央奥)  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る