帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

おびひろ動物園との連携事業「ずーぷろ」の企画概要説明会を開催

 6月16日(木)本学会議室において,帯広動物園との連携事業である「ずーぷろ」(動物園における学生公募事業)の企画概要説明会を開催しました。
 企画概要説明会は、学生動物園支援サークルOZUFUL(おずふる)の深谷芽依(畜産科学課程2年生)さんが,「O(お)もしろくってB(び)っくりいっぱいの動物たちにZoo(ズー)ムイン!!」と題して、動物をもっと観察していろいろなことに気づくこと、環境問題や命の大切さについて改めて考えてほしいということで,各動物の生態や取り巻く環境問題に関するメッセージをパネル形式で作成するという企画を発表しました。
 うまぶの長谷川野惠(共同獣医学課程1年生)さんは,「よく見て探そう!動物クイズ!」と題して、来場者の方々に動物をより好きになってもらい,思い出作りの場を提供したいということで,動物をよく見比べないと解けないクイズを紙の表面に記載し,裏面には好きな動物の絵を描いてもらい、その絵を動物園に展示するという企画を発表しました。
 おびひろ動物園柚原和敏園長からは「畜大生のおかげで動物園が活気づいているので飼育員と連携をとりながら,どんどん企画を進めてほしい。」と総評をいただきました。
 また、本学栁川久理事からは「このずーぷろという企画はお客さんあってのものなので,そこに重点を置いて必要であれば,マイナーチェンジをしながら進めてほしい」との助言がありました。 動物園を訪れた人々を楽しませるふたつの事業は、8月から実施されます。楽しみですね。

※おびひろ動物園公式ホームページ


  発表する OZUFUL 深谷さん         

   発表する うまぶ 長谷川さん       

 
        

前ページに戻る