帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広市との連携事業「障がい者乗馬体験事業」を開催

 6月3日(金)、本学馬場において今年度第2回目となる「障がい者乗馬体験」を開催しました。
 この事業は、本学と帯広市との連携事業で、障がいを持つ方々に乗馬体験や馬とのふれあい体験をしていただくことで、運動による健康の増進と生活の質の向上をめざすものです。
 当日は、5名の児童生徒が参加し、馬のブラッシング体験や乗馬体験を楽しんだ後、えさやり体験を行いました。
 最初児童たちは、緊張していた様子でしたが、学生との交流や馬に乗って構内での散歩を通じて、最後には笑顔が見られました。今年度の「障がい者乗馬体験」は、10月までに12回(全14回)の開催を予定しています。
 申し込みなど詳しくは、下記ホームページをご覧下さい。

※ 障がい者乗馬体験募集要項


   ブラッシングの様子         

   構内での散歩を楽しみました         

 
        

前ページに戻る