帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

幕別町立札内中学校・帯広市立翔陽中学校2年生が職場体験

 幕別町立札内中学校2年生の生徒4名が10月18日(火)~10月20日(木)の3日間、帯広市立翔陽中学校2年生の生徒4名が10月20日(木)に本学にて職場体験学習を行いました。
 18日(火)は、附属図書館にて、カウンター業務、蔵書点検及び展示図書のポップ作成など、図書館の運営業務を体験しました。
 19日(水)は、食品科学研究部門 得字圭彦准教授の研究室で、研究に関する講義や実験器具の説明を受けた後、ブロッコリーからDNAを抽出する実験を行ったほか、留学生と英語でコミュニケーションを取るなど、大学の研究室での業務を体験しました。
 20日(木)は、2つの中学校の生徒が合同で畜産フィールド科学センター 川島千帆准教授の指導のもと、2班に分かれて牛舎の清掃作業等を行いました。
 初対面の生徒たちは、最初は緊張の面持ちでしたが、積極的にコミュニケーションを取りながら作業を行い、互いに交流を深めている様子が見受けられました。
 今回の職場体験は、参加した生徒たちが自己の理解を深め、望ましい勤労観や職業観を身に付ける目的で実施されました。


    

   

  

 

  

      

前ページに戻る