帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成28年度「清水町アグリビジネススクール」で本学教員が講義

 この事業は地方創生の一環として、清水町の農業経営力の向上と次世代を担う農業人材育成を図ることを目的に、清水町、JA十勝清水、小樽商科大学および本学の共同で企画されたものです。
  このスクールの開講を記念して平成29年1月28日(日)に開催された「しみず食の未来づくりシンポジウム」では、本学奥田学長が共催機関を代表して挨拶されました。
 スクールには、清水町内の農業者21名が参加して4回の講義が実施されましたが、本学からは、地域環境学研究部門志賀永一教授が「営農計画の課題と解決策」(2月16日(木))、グローバルアグロメディシン研究センター谷昌幸教授が「耕畜連携による土づくり」(2月20日(月))の講義を担当しました。
  受講者からのアンケートでは、「学んだ内容を活かし経営の見える化をやってみたい」、「これからの土づくりを見直してみたい」、「さらに詳しい講義を継続してほしい」などの前向きな意見や感想をいただきました。


   志賀教授による講義          

    谷教授による講義      
      

前ページに戻る