帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学宮竹史仁准教授が平成28年度北海道科学技術奨励賞を受賞

 本学地域環境学研究部門宮竹史仁准教授が平成28年度北海道科学技術奨励賞を受賞されました。
 都合により贈呈式に出席できなかった宮竹准教授は、3月22日(水)十勝総合振興局において表彰状伝達式が行われ、浜名副局長から表彰状を受け取りました。
 この賞は、北海道の発展に寄与することが期待される科学技術上の優れた発明や研究を行い、今後の活躍が期待される若手研究者に対して、北海道が知事表彰として贈呈しているものです。
  宮竹准教授は、道内の食品工場から排出される未利用資源を利用し、肥料成分が豊富でかつ作物の生育効果が高い高品質堆肥の製造方法を道内企業と連携して開発し、既にその堆肥は全国で販売されています。また、環境型堆肥化システムの開発では送風機の省エネ化を実現した「通気量自動制御堆肥化システム」を発明し、製品化され堆肥化施設への導入が進んでいます。
 このような研究開発および普及実績が、農畜産業の発展や経済効果に貢献するものとして高く評価されました。


宮竹准教授、浜名副局長(左から)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る