帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

家族で農業体験!「どきどきファーミング」で初めての収穫

 7月31日(日)本学と一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団の連携事業である「どきどきファーミング」で、初めての収穫作業を行いました。
 この事業は、市民親子を対象に野菜等が畑から食卓に上がるまでを実際に体験することにより、農作業による健康な身体作りと土や植物との触れ合いによる心の癒し効果や食育の推進などを目的として、今年5月から毎月1回程度、本学圃場において農作業を行っています。
 今年は日照時間が少なく、例年よりも収穫がすくないと予想されていましたが、収穫袋一杯のジャガイモが獲れると参加者からは笑顔がこぼれました。
 その他に大根とチンゲンサイを収穫し、食べきれないほどの野菜を両手に抱えて大満足の日曜日になりました。
 本事業では、9月に小麦、とうもろこし、枝豆、トマトなどの収穫作業を行い、10月には収穫祭を行う予定です。


   十勝といえばやっぱりジャガイモ         

   たくさんの収穫に大満足の参加者     

    一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団

      

前ページに戻る