帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

農作業で心も体も元気に!「とかちism!どきどきファーミング」始まる

 5月8日(日)本学圃場において、一般財団法人帯広市文化スポーツ振興財団との連携事業「とかちism!どきどきファーミング」が始まりました。
 この事業は、野菜等が畑から食卓に上がるまでを実際に体験することにより、農作業による健康な身体作りを始め、土や植物との触れ合いによる心の癒し効果や食育の推進などを本事業の目的としています。
 本学地域環境学研究部門 秋本正博准教授による指導のもと、じゃがいも5種類(男爵、ワセシロ、メークイン、レッドムーン、トヨシロ)の種芋植えと大麦、小麦の種まきに21名が汗を流しました。
 今後は、トマト、きゅうり、トウモロコシ植えなど10月の収穫時期まで定期的に開催し、最終日には収穫祭を予定しています。


  秋本准教授の説明を真剣に聞く参加者         

   子供も大人も夢中になって農作業を体験 
        

前ページに戻る