帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広神社の「どんど焼き」にて畜大牛乳が振る舞われる

 1月15日(日)帯広神社で行われた「どんど焼き」にて畜大牛乳が振る舞われました。
これは、「どんど焼き」に毎年、帯広神社子供みこし会が牛乳を奉納していることを知り、平成26年から本学の畜大牛乳を毎年奉納牛乳として寄附しているものです。
 今年の「どんど焼き」は日曜日ということで例年より10リットル多い50リットルを寄附しました。
 この日の朝は、気温が氷点下21.7度まで下がる寒さの中、帯広神社子供みこし会の会員達が暖かい畜大牛乳やお汁粉を参拝者に振る舞いました。
牛乳を飲んだ参拝者から「体が温まるね。」などの声が聞こえ、畜大牛乳が参拝者の体と心を温めました。


正月飾りなど神具を燃やし無病息災を願う「どんど焼き」

        

 

 

   

      

前ページに戻る