帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学で「日本とデンマークの戦略的パートナーシップセミナー」を開催

 10 月 4 日(火)本学大講堂を会場にデンマーク大使館主催の「日本とデンマークの戦略的パートナーシップセミナー」が開催され222名の皆様が参加されました。
 このセミナーは、本学、ホクレン、十勝農業協同組合連合会、よつ葉乳業㈱、㈱明治の協賛で「デンマークに学ぶ雇用型酪農経営への転換と教育支援」と題して、持続可能で、安全かつ効率的な食料・農産物生産のために、デンマークでの酪農経営の安定化に向けた事例や酪農経営者雇用確保に対する教育支援の事例を学ぶために開催されました。
 最初に、デンマーク大使館公使参事官(食品・農業担当)レーネ・メルステッド・イェンセン氏が開会の挨拶をされ、次に本学の奥田潔学長から「デンマークの大型酪農法人経営モデルなどから、多くのことが学べることと期待しています。」と挨拶を述べました。
 セミナーでは、日本の酪農ビジネスに携わる方々に向けて、デンマークの研究機関 SEGES(デンマークの酪農・農業のナレッジセンター)のコンサルタントより「雇用型酪農に向けてのデータマネジメント」、およびデンマークのダラム・農業カレッジのアジア地域担当官による「デンマークの教育制度や酪農後継者のための人材育成について」が紹介されました。


 開会の挨拶をするデンマーク大使館公使参事官           

      セミナーの様子    

 

 

    

      

前ページに戻る