帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

児童会館冬まつりに本学が参加

 2月5日(日)帯広市児童会館で開催された児童会館冬まつりにおいて、本学学生サークル「畜大SVA(サイエンス・ボランティア・アシスタント)」が科学実験教室を開催しました。
 「畜大SVA(サイエンス・ボランティア・アシスタント)」は、児童を対象に科学実験を行うボランティアサークルで、当日は、人間科学研究部門 小嶋道之教授の指導のもと、「象の歯磨き粉」、「チリメンモンスターを探せ」の2つの実験を行いました。
 「チリメンモンスターを探せ」では、選別前のチリメンジャコに含まれる小さなカニやエビ、タコやイカなどを見つけ出し、海の中には色々な生き物がいることを見て学ぶとともに、それらの小さな「チリメンモンスター」たちが、食物連鎖の中で最終的には自分たちの食事につながっていることを学ぶ食育学習を行いました。
 参加者は、白衣と実験用の防護メガネを身につけ、科学博士になった気分を味わいながら楽しんで実験をしていました。


「象の歯磨き粉の実験」の様子
         

  「チリメンモンスターを探せ」の様子
      
        

前ページに戻る