帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

バレイショ遺伝資源開発学講座特別セミナーを開催

 7月22日(金)本学原虫病研究センターにおいて、ドイツ国マックスプランク植物育種研究所名誉研究員、Christiane Gebhardt博士をお招きして、バレイショ遺伝資源開発学講座で特別セミナーを開催しました。
 Gebhardt博士は、1989年にバレイショのRFLP連鎖地図を発表して以来、シストセンチュウ抵抗性遺伝子(H1)のマッピング、疫病抵抗性遺伝子(R1)のクローニングなど、バレイショゲノミックスの分野で世界をリードしてきた著名なバレイショ研究者です。
 当日は、「ヘテロ接合性の高い4倍体作物であるバレイショのためのゲノム情報の育種的利用と展望」と題して講演をされました。
 ("Strategies and perspectives for translating genomics into breeding
  applications in potato, a tetraploid, non-inbred crop plant”)


講演をするGebhardt博士

 


 

前ページに戻る