帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

本学農業サークル「あぐりとかち」の特製かき氷が大好評

 8月21日(日)日本一の小麦生産量を誇る音更町で開催された「麦感祭(ばっかんさい)」(実行委員会主催)で本学農業サークル「あぐりとかち」が提供した特製かき氷が大好評でした。
 この麦感祭は、小麦の収穫に感謝し小麦畑の上で、小麦を存分に楽しんでもらうことを目的に毎年開催されており、今年で6回目となります。
 「あぐりとかち」は、第1回目から実行委員会に参加し、3年前からオリジナルかき氷を提供しています。
 当日は、台風11号接近の大雨の中、多くの親子連れが参加し、あぐりとかちのメンバー41名は、祭の受付、小麦クイズの進行、かき氷の提供などに当たりました。
 今年提供したかき氷は、黒蜜と音更産黒豆にみぞれシロップの「まめむぎこおり」とイチゴシロップとチョコソースに麦チョコをのせた「あぽろこおり」の2種類で、行列が出来るほどの大盛況でした。


雨の中「あぐりとかち」は、かき氷で祭を盛り上げました。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る