帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

帯広農業高等学校食品科学科3年生が体験講義

 10月6日(木)、7日(金)、帯広農業高等学校食品科学科3年生37名が、体験講義、実験を受けるため本学を訪れました。この事業は、高大連携事業の一環として実施されたものです。
 初日6日は、食品科学研究部門 折笠善丈助教による酵母の基礎についての講義を受けたあと、実習室へ移動し、酵母を使用した実験に移りました。酵母を使って作ったパン生地からシャーレに酵母を採取し、これを1日かけて培養し、翌7日にその酵母の状態を観察するという実験です。生徒は3~4人で一つの班をつくり、役割を分担しながら、協力して進めていました。
 ところどころで折笠助教にアドバイスを求め、顕微鏡ではっきりと酵母が観察できると、生徒は驚きと喜びの様子を見せながら、ノートに記録していました。和やかな雰囲気の中、楽しい授業となりました。


 講義をする折笠助教

  酵母を採取する様子

 

  

      

前ページに戻る