帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成28年度フードバレーとかち人材育成事業『ビジネスコース「地域産業活性化に向けた経営論」』を開講

 6月13日(月)帯広畜産大学において、フードバレーとかち人材育成事業「ビジネスコース(地域産業活性化に向けた経営論)」の開講式が行われ、社会人11名、大学院生8名の合計19名でスタートしました。
 「ビジネスコース(地域産業活性化に向けた経営論)」は、全8回の講義で8月8日(月)までに、新事業の立上げや会社設立に必要な基礎知識の習得の他に、管内企業を訪問してのケーススタディーなどを実施します。
 また、10月からは、応用編となる「ビジネスコース(企業戦略論)」を実施する予定です。(8月上旬募集開始予定)
 フードバレーとかち人材育成事業は平成24年度から帯広市との共同事業として実施しており、5年目の今年度は、「ビジネスコース」のほか、「食品安全管理コース」、「農業生産者コース」を実施いたします。
 詳しくは、本事業のホームページ(平成28年度フードバレーとかち人材育成事業)をご覧ください。

  ※ 平成28年度フードバレーとかち人材育成事業

 

受講生19名と前列左2番目から、仙北谷人材育成室長、小田地域連携推進センター長、
帯広市商工観光部 相澤部長、坪井真一講師、高橋教育研究支援部長

 

 


 

 

 


前ページに戻る