帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

道東・十勝・帯広国際協力拠点設立20周年記念式典で本学奥田潔学長が挨拶

 11月17日(木)独立行政法人国際協力機構(JICA)北海道国際センター(帯広)に隣接する「森の交流館・十勝」において、同センターの設立20周年記念式典が開催され関係機関代表として本学奥田潔学長が挨拶をしました。
 この記念式典は、5団体(北海道国際センタ-(帯広)、帯広市、十勝インターナショナル協会、帯広畜産大学、帯広商工会議所)でつくる道東・十勝・帯広国際協力拠点設立20周年記念事業実行委員会の主催で開催されました。
 挨拶の中で奥田学長は、「2005年に日本の大学としては初めてとなるJICAとの連携協力協定を締結した大学として、海外の国からの人材育成や本学学生、卒業生を派遣する青年海外協力派遣事業等を推進し、大学の国際化を進めており、JICA事業に関わった多くの学生が、海外で活躍しています。」と同センターとの連携の成果について話されました。
 また、研修員の代表として、ケニアから来ているGathinji peter Kiiruさん(本学大学院畜産学研究科畜産衛生学専攻博士前期課程2年生)は 「とてもいい環境で勉学ができ、JICAに心から感謝しています。」と日本語で挨拶しました。


挨拶をする奥田学長

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る