帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

農学系大学として国内初となる食品・生物系検査で国際規格ISO/IEC 17025:2005認定を取得

 3月28日(火)本学会議室において、奥田潔学長及び井上昇理事から、原虫病研究センターと動物・食品検査診断センターの2施設において、試験所能力を国際的に証明するISO/IEC17025:2005の認定を取得したことを記者発表しました。
 このISO/IEC17025規格は、試験所が正確な測定結果を生み出す能力があるかどうかを、権威ある第三者認定機関が認定するものです。
 認定された検査は、原虫病研究センターにおいては、世界で唯一の原虫病専門の国際獣疫事務局(OIE)コラボレーティング・センターおよびレファレンスラボラトリーとして実施している、動物疾病の診断(確定診断)のうち「OIE Manual of Diagnostic Tests and Vaccines for Terrestrial Animals 2016に基づくウシバベシア病、ウマピロプラズマ病及びスーラ病のPCR法を用いた原虫病DNA判定試験」の3分野で、動物・食品検査診断センターにおいては、”農場から食卓まで”の食の安全性確保を目標に、畜産物の生産から流通・消費に至る様々な危害に対応する教育研究拠点、大学内検査拠点として、受託検査を提供している「食品衛生検査指針微生物編による一般生菌数試験」です。
 井上理事は、「今後は、国際認定された検査能力を教育・研究活動へ展開するとともに、本分野の先駆者として社会・地域産業への貢献に活用して行きます。」と説明しました。


認定書を披露する奥田学長、井上理事(左から)

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前ページに戻る