帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「中小企業のHACCP導入事例集」(冊子)に本学職員が紹介される

 帯広市は、厚生労働省が議論を進めている食品の製造・加工、調理、販売等を行う食品等事業者を対象に、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前のHACCP義務化を見据えて、十勝管内の中小企業の8つのHACCP導入事例及び支援機関を掲載して、地域における更なるHACCPの普及促進を図るため、この冊子を作成しました。
 冊子中では、地域連携推進センター食品安全マネジメントシステム推進室長 渡辺信吾特任教授が「HACCPの基本理念と重要性」について、同センター 藤倉雄司人材育成マネージャーが「帯広畜産大学の支援機能紹介」について、畜産フィールド科学センター乳製品加工担当 村上文朗技術専門職員が「帯広畜産大学畜産フィールド科学センター乳製品工場の紹介」について、それぞれ掲載されています。
 なお、冊子は、下記のURLで閲覧できます。

   ※「中小企業のHACCP導入事例集」(冊子)

      

前ページに戻る