帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

テッラ・マードレ・ジャパンin 北海道2015十勝大会の2日目を本学で開催

 11月2日(月)「テッラ・マードレ・ジャパンin 北海道2015十勝大会」の2日目が「食と大地の文化祭」と題して,本学PKホール,かしわプラザ,逍遙舎などを会場に開催されました。
「テッラ・マードレ」とは「母なる大地」を意味し,このイベントはスローフードを通じて食の未来を考えるものです。
 講演会が開催される前には,本学学生・OGの案内により「畜大ツアー」が行われ,かしわプラザ,総合研究棟Ⅰ~Ⅲ号館,厩舎等を巡りました。
講演会では本学金山紀久理事が「次世代を担う人材の育成に繋がる取組となることを期待します。」と開会の挨拶を述べました。
 午後からは「若者のプレゼンテーション」がかしわプラザで行われ,本学農業サークル「あぐりとかち」の加藤里佳さんより,生産者と消費者をつなぐ現在までの活動について発表があり「活動を通じて感じたのは『知る』『体験する』『食べる』の他に『人と出会う』ことが大事。あぐりとかちの活動を通じ,大人との関わりが増えた。」と語りました。このプレゼンテーションには多くの学生が参加し,会場からは立見の来場者が溢れるほど盛況でした。
 その他にも,スロートーク&ワークショップや大地のマルシェが行われ,多数の来場者で賑わいました。
   


開会の挨拶をする金山理事 

プレゼンテーションする加藤さん
    

       ※スローフード・フレンズ北海道ホームページ

前ページに戻る