帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

「障がい者乗馬講演会&ヘルパー講習会2015」を開催

 6月13日(土)、14日(日)本学のかしわプラザと馬場を中心に「障がい者乗馬講演会&ヘルパー講習会2015」を開催しました。
 本学は、平成26 年度から馬介在活動室を設置して「馬に係る教育研究活動及び馬介在の社会貢献活動」を推進しており、今回の講習会はこの活動の一環として開催されました。
 13日(土)は、帝京科学大学教授・石井孝弘先生による「発達障害と障がい者乗馬パートⅠ」と題しての講演が行われ、さらに障がい者を乗下馬させる時の補助の仕方についての実習が行われました。
 14日(日)の午前中は、実際に障がい者を乗馬させ、ヘルパーとして注意しなければならないことを学ぶ実施訓練が行われました。
 また、障がい者の乗馬に対するモチベーションを上げるため、乗馬してバケツボール入れ、輪投げ、ボール的当て、パン取りなど、タイムと得点を競う競技形式の乗馬ゲームも行われました。
 午後からは、午前中の訓練の反省会と石井先生(同上)による「発達障害と障がい者乗馬パートⅡ」と題しての講義が行われました。
 この講習会には、本学RDAちくだいの1年生など学生11名、職員2名の他、士幌高校の先生と生徒6名、一般の方6名の参加がありました。


        ヘルパー実施訓練

乗馬ゲームのパン取り

        

前ページに戻る