帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

畜産衛生学研究部門の清水隆准教授が「2015年度日本繁殖生物学会学術賞」を受賞

 清水隆准教授が9月18日(金)に開催された第108回日本繁殖生物学会学術集会において、「2015年度日本繁殖生物学会学術賞」を受賞しました。
 日本繁殖生物学会(前多敬一郎理事長)は,飼育動物、野生動物などを主として動物の繁殖に関する学術研究を振興すること、ならびにその成果の普及を図ることを目的として設立された学会です。同学会における学術賞は,繁殖分野の発展に顕著な業績を上げ,学会に功績のあった正会員に授与されるものです。
 清水先生の受賞研究課題は,「ウシ卵胞機能の調節機序に関する分子細胞学的研究」であり,ウシの卵巣内で発育・排卵する卵胞発育機序に関して生理学的および病態生理学的知見を明らかにしたことが高く評価されたものです。
 


清水准教授と前多理事長(左から)

賞状と楯

        

前ページに戻る