帯広畜産大学

帯広畜産大学の紹介

平成27年度生産獣医療技術研修(基礎コース)始まる

 8月3日(月)本学畜産フィールド科学センターにおいて、平成27年度生産獣医療技術研修(基礎コース)が全国各地の獣医師の参加のもと始まりました。
 この研修は、産業動物医療に従事する獣医師を対象に平成19年度から21年度までは『文部科学省社会人の学び直しニーズ対応教育推進事業』として、平成22年度からは大学単独事業として開催しており、毎年全国各地から多数の獣医師が参加し、これまでに400名以上の獣医師が受講しています。
 本年度の基礎コースは、8月3日(月)から7日(金)までの5日間、九州、四国、中国、関東、東北そして北海道など、まさに全国各地の産業動物臨床獣医師31名が集まり、飼料品質鑑定法、乳検データの見方と活用、牛群検診・代謝プロファイルテストの原理と活用などの実践的技術を中心に、家畜飼養・栄養学、家畜管理学、飼料作物学、酪農経営学について体系的に学習しています。
 また、平成27年8月24日(月)から28日(金)には、牛群検診経験を有する産業動物臨床獣医師を対象として発展コースが開催されます。


木田教授(左)から指導を受ける研修者        

ボディコンディションスコアの判定
        

前ページに戻る